京都府宇治市の手打ちそば処えにし庵は、安心安全でこだわり抜いた食材を私用し、みな様にご提供しております。

こだわりの食材

■ えにし庵では食材にこだわり、 オーガニック を基本として皆様に安心して召し上がって頂けるお料理をお出ししております。

そば粉

■ お 蕎麦 は北海道産、鶏肉は近江黒鶏、卵はもみじ鶏等々、厳選した食材を使用しております。
■北海道幌加内産のそば粉を使用しております。日本一の蕎麦の生産地の北海道幌加内町のそば粉を使用しています。
■ 蕎麦の実の皮が付いている「挽きぐるみ」と言われる蕎麦粉を使っているので、蕎麦の甘みと香りが格別です。

お米

■ お米に関しましても、魚沼産こしひかりを使用し、毎朝精米した新鮮で香りの良いお米を使用しております。

 

たまご

■京たまご、茶乃月のもみじ鶏の玉子を使用しています。
■「京たまご 茶乃月」は純国産鶏交配種「もみじ」が産んだ、黄身の割合が多く、気泡性が高い料理に適した卵をベースに 「卵かけご飯に最も適した卵」として改良を加えた卵です。
■ ベースとなる「もみじたまご」に、地元特産品の宇治茶を始め、ハーブ、海草(ヨード)及び胡麻等を加えた飼料を与えて、香りが良く、うまみを増したおいしい卵です。
■ 卵かけご飯に最も適しているというだけあり、その味は生で食べるといっそう引き立ちますが、料理に使用してももちろんおいしく食べられます。


料理へのこだわり

そば

■えにし庵では 毎朝7時から、その日に出る 蕎麦 だけを手打ちいたします 蕎麦 は香りが命ですので、その日に打った 蕎麦 はその日のうちに召し上がって頂いております。
■コシの秘密は蕎麦の打ち方にあります。
■挽きぐるみと言われる蕎麦粉を使用しているため、蕎麦の打ち方が非常に難しく、こねる時間が一般の蕎麦と比較すると長いです。
■この蕎麦粉を使用すると格別に美味しくなりますので、手間と時間は惜しみません。

出汁

■高級昆布の代名詞でもある、北海道香深産の利尻昆布を使用しています。
■香深産の利尻昆布は透明で、香りが高く上品な味の出汁が出ます。
■さらに五種類の削り節を加え、他店の2倍の時間をかけて出汁をとっています。

 

つゆ

■当店のつゆは、しっかりとした旨みとコクを持たせた、濃い目の甘辛汁です。
■三十日間かけて 深みが増したこの”かえし”を利尻昆布をはじめ五種類の削り節でとった出汁で割り、つゆが完成します。

ランチ・季節メニュー

季節メニュー&ランチメニュー

えにし庵

 
所在地:宇治市小倉町蓮池171−11
TEL&FAX:0774-23-7729
代表者:上杉 孝博
 
定休日:毎週月曜日・第二火曜日
営業時間:昼11:30〜15:00
     (ラストオーダー14:30)      
      夜17:30〜21:30
     (ラストオーダー21:00)
11:30〜13:00までは店内禁煙とさせて頂きます。
 
お車でお越しの方:24号線の宇治徳州会病院の南側交差点を西に進み、踏切を渡って150メートル先の北側になります。
電車でお越しの方:近鉄おぐら駅西口(平和堂側)に降りていただき、北に300メートルほど歩いて頂きますと当店がございます。住宅街を歩きますので、目安として【オーレまるやま】様の東側を目指して頂きますと判りやすいと思います。
       おぐら駅から徒歩約10分!!

おしらせ

2015/06/01
ホームページリニューア
 
そばの歴史
 
そばの食べ方

QRコード

相互リンク

うつわ屋陶蔵
酒のふじまつ